印鑑の役割 - 印鑑の役割

印鑑の役割

印鑑には様々な種類があり、役割をはたします。実印、銀行印、認め印、訂正印、会社実印、角印などがあります。

 

実印は、市区町村役場に登録したハンコになります。印鑑証明書や、権利財産を守るためのハンコになります。自分のことを証明するハンコでもあります。 住宅ローンをするとき、車を買う時などにも使用します。

 

銀行印は、口座を開設するために使うハンコです。定期預金やカード以外でお金を下ろす時に使います。 認め印は、実印と銀行印よりも効力があるものではありません。小包みを受け取るときなどに使用します。また、公的な証書を請求するときにも使用します。 訂正印は、文字を訂正したときに使用します。会社実印とは、会社の設立のときに法務局へ登録するときに使用します。契約書や領収書、見積書に使用します。 角印は、会社の預金をうごかすときや、小切手や口座開設のときに必要になるハンコです。このようにハンコは色々な役目をはたします。実印を認め印や銀行印にもできるのですが、 別にしておいたほうが、なくしたときにあわてません。 実印は、貸金庫に預けるくらいのものとお考えください。実印は自分の分身となるものです。大切なものになりますので、絶対に他人に預けたりしてはいけません。

 

 

[PICK-UP2]
良い実印を買ったら口座開設を。ネット銀行の比較サイトです・・・ネット銀行